博多こまは(平こま)とも呼ばれ、九州では昔からなじみのある形です。

九州で広く遊ばれてきたこまは、木地の下から鉄製の芯を打ち込んでいるのが特徴です。回すうちに鉄芯の先が削れ丸くなり、さらに安定してこまが回るようになります。

 

【サイズ】直径約7.4cm

【材質】佐賀産マテガシ

※鉄芯・こま紐つき
鉄芯は、調整した状態でお送りしておりますが、抜けた場合はカナヅチなどで打ち付けてください。